キャンセルの連絡をしよう

>

キャンセルしなければいけない時

キャンセル料金が発生する仕組み

1か月前ぐらいから、予約したホテルに宿泊できないと分かることがあります。
その場合は、すぐに連絡してください、
まだ早いなら、仮にキャンセルすることになっても宿泊費5パーセントぐらいのキャンセル料金で済みます。
ですが、予約した当日になればそれだけキャンセル料金が高くなります。
予約した日の3日前に急にキャンセルしたいと連絡すると、宿泊費の50パーセント以上のキャンセル料金を請求されることがあります。

自分のスケジュールを確認していれば、連絡が遅れることがありません。
最初に予約したホテルのキャンセル料金を支払って、さらに別のホテルを改めて確保すると大きな出費になります。
経済的な負担に、ならないよう気をつけてください。

人数によってキャンセル料金が変わる

大人数でホテルの部屋を予約していた場合は、キャンセル料金がさらに高くなることが考えられます。
家族で行く場合は数人なので心配はありませんが、会社などの旅行で行く場合は規模が20人から50人になることが考えられます。
するとホテルの部屋も相当な数を確保しないといけませんが、キャンセルとホテル側に多大な迷惑をかけます。

他のお客さんにとっても迷惑になるので、キャンセル料金がもっと高くなる仕組みになっています。
しかし仕事の都合で旅行に行けなくなるなど、会社で使う場合はキャンセルする確率が高いです。
仕事をスムーズに終わらせることで、無事旅行に行くことができます。
スケジュールを考えて、守りながら進めることも重要です。